2013年8月15日(木)あいちトリエンナーレ オープンアーキテクチャー「親子で劇場探検」ご来場ありがとうございました






8月10日に開幕し、10月27日まで開催中の

あいちトリエンナーレ2013

では、全体のプログラムを飾る目玉のひとつとして
「オープン・アーキテクチャー(建物を公開する)」というイベントが開催されています。



そのオープン・アーキテクチャーの第1弾、
愛知県芸術劇場のコンサートホールと大ホールを公開する

「親子で劇場探検」

の構成とご案内をさせていただきました。

対象は小学生とその保護者300人。
お盆のまっただ中でしたが、定員を遥かに上回る皆さんにご応募頂きました。
ご来場頂きました皆様ありがとうございました。

劇場探検は、全体を2部にわけ、
第1部はコンサートホールで、コンサート&ホール内及びバックヤード見学ツアー。
第2部は大ホールで、舞台の裏側を担うマイスターへインタビューと機構ショー、奈落見学。
というなんとも贅沢な内容でした。
初めて愛知県芸術劇場へ来場したというお子さんが大半でしたが、
人生初となるであろう、クラシックのコンサートも非常に集中して聴いてくださり、
またわくわくいっぱいだった探検ツアーも大満足だった様子。
今回のイベントを通じて、クラシック音楽や劇場を身近に感じ、
近い将来、劇場に足を運んでくださることを期待しています。


イベントの様子は、トリエンナーレの公式レポート

あいちトリエンナーレ2013イベントレポート
他、

翌日の毎日新聞様、



公演当日の名古屋テレピ(メーテレ)さんの夕方のニュースでも採り上げて頂きました。
ありがとうございました。


第2部については、公式レポートで採り上げて頂いておりますので、こちらでは第1部について少し書き留めておきたいと思います。

第1部のコンサート<スライドとクラシック音楽の名曲による「ブレーメンの音楽隊」>は、
あいちトリエンナーレ2013出品作家、山下拓也さん
による作品を舞台後ろの幕に投影。
私がブレーメンの音楽隊のお話を朗読し、
お話の間に名曲を演奏するという形で進めました。

舞台上には、コンサートホールが所有する3台のことなるピアノメーカー(ヤマハCF掘S、スタインウェイD274、ベーゼンドルファーインペリアル290!)のピアノを配置。



また、メナード青山リゾート様にご提供いただき、
物語の雰囲気にぴったりの自然文化村ウッドクラフト講師・立川寛さんによるウッドクラフトを飾って頂きました。
これについては、金澤みなつさんのかわいいブログをご参照ください。


コンサート中は、曲毎にピアノを替え、演奏者にその間を走り回っていただきながら演奏致しました。
(とっても大変!)
演奏して頂いたのは以下のなんと13曲!
お子様に楽しんで頂くのが目的ですから、ほとんどすべての曲を演奏者の手を借り、短く、楽しく、美しく編曲!
(編曲にあたりヴァイオリン奏者の友人Mayaこと江頭摩耶さんには大変お世話になりました。)

ご覧頂いた皆様には本当に大盛況で、どこかでぜひ再演をとのお言葉をたくさん頂戴するほど、多くの方にお褒めの言葉を頂きました。
私として何より、演奏者のみなさんのすばらしい集中力が好演につながったものだと思っています。


<演奏曲目>

ピアノ(ヤマハ)
シューベルト:《楽興の時》D. 780より 第3番 へ短調 

ピアノ(スタインウェイ)
ショパン:幻想即興曲 Op. 66 

オーボエ/ピアノ(スタインウェイ)
カッチーニ:アヴェ・マリア 

ヴァイオリン/ピアノ(スタインウェイ)
クライスラー:愛の喜び 

テノール/ピアノ(スタインウェイ)
デンツァ:フニクリ・フニクラ 

ピアノ(ヤマハ)
ショパン:《24の前奏曲》Op. 28より 第7番 イ長調 

ヴァイオリン/オーボエ/ピアノ(ベーゼンドルファー)
チャイコフスキー:バレエ《くるみ割り人形》より〈葦笛の踊り〉 

ピアノ(ベーゼンドルファー)
ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》より〈キエフの大門〉 

ヴァイオリン/オーボエ/テノール/ピアノ(スタインウェイ)
それぞれの楽器で鳴き声 

ヴァイオリン/ピアノ(ベーゼンドルファー)
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番 

ヴィオラ/テノール
ブラームス:子守唄Op. 49-4

オーボエ/ピアノ(ヤマハ)
ピンクパンサーのテーマ 

ヴァイオリン/オーボエ/ピアノ(ベーゼンドルファー)
ハチャトゥリアン:バレエ音楽《ガイーヌ》より〈剣の舞〉 

ヴァイオリン/オーボエ/テノール/ピアノ(スタインウェイ)
ヴェルディ:オペラ《椿姫》より〈乾杯の歌〉

 

ご来場くださった皆様、
そしてお世話になりました主催者の愛知芸術文化センター、あいちトリエンナーレ実行委員会様、
愛知芸術文化センター・文化情報センターの皆様、公益財団法人愛知県文化振興事業団の皆様、
愛知県舞台運営事業共同組合の皆様、メナード青山リゾート関係者各位の皆様にあらためて御礼申し上げます。


また
演奏曲目計12曲!3台のピアノを弾き分けるという大役、、、みなつさんならば、、と思い切ってお願いしたのですが、大変胃が痛かったであろうこのコンサートに立ち向かってくださったピアニスト・金澤みなつさん、
名古屋の逸材、若くして実力派のキャリア、ヴァイオリン&ヴィオラ奏者の江頭摩耶さん、
パリから駆けつけてくれたテノールの田中健晴さん(先日の「ホフマン物語」(東京二期会)は新聞等でも大好評であったそう!現在パリでバロック音楽を中心に研鑽を積み、御活躍中の田中さんの流暢なフランス語による公演インタビューがYoutubeに掲載されていました。)
東京から戻ってきてくれたオーボエ奏者の柴田祐太さん(驚きの更なる成長ぶり!カッチー二の名演にはリハ―サル中から関係者の方々数人が涙されていました)。
4名のすばらしい出演者の皆様に心から感謝申し上げます。

そして、スライドの為に作品を提供してくださった山下拓也さんにも改めて御礼申し上げます。
山下さんはトリエンナーレ開幕を控えた最も忙しい時期に、大変な申し出を快くお引き受けくださいました。溢れんばかりの彼の才能を示す作品の一部は、
山下さんのホームページでもご覧頂けますが、
山下さんの作品は現在、あいちトリエンナーレ2013の会場となっている

伏見 長者町 八木兵丸の内内8号館
及び
岡崎市 松本会場 旧入船

で展示中です。
ぜひ、そちらに足を運んでみてください。



以下は演奏者のみなさんのプロフィールを改めて紹介させて頂きます。

その前におまけ写真。
終演後、解放されたお二方の貴重な舞台写真



何のポーズでしょう?

私も、と言われて、、、何のポーズでしょう?


今や、芸文センターの撮影スポット。
ヤノベケンジさんの<サンチャイルドNo.2>の前で。
私、みなつさん、まや。


___________________________________


江頭摩耶(ヴァイオリン、ヴィオラ)



愛知県名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て愛知県立芸術大学音楽学部を共に首席で卒業。桑原賞、中村桃 子賞を受賞。中部読売新人コンサートに出演。2008年にフィランド国立シベリウスアカデミーを最優秀の 成績で卒業。在学中にはシベリウスアカデミーオーケストラのコンサートマスターに繰り返し抜擢され、エ サペッカ・サロネン、レイフ・セゲルスタムらと共演。クオピオ市交響楽団首席奏者、ラハティ市交響楽団 第二ヴァイオリン奏者、シベリウスアカデミー非常勤講師(以上フィンランド)、ポルト・カサダムジカ交響 楽団(ポルトガル)第二コンサートマスターを歴任し、現在愛知県立芸術大学非常勤講師。ゲストコンサート マスターとしてヨーエンスー市交響楽団、オウル市交響楽団(以上フィンランド)、ポルト・カサダムジカ交 響楽団(ポルトガル)、ノールランドオペラ(スウェーデン)に客演。ヴィオラ奏者としても室内楽を中心に精 力的に活動している。

____________________________________

田中健晴(テノール)



愛知県立芸術大学卒業、同大学院修了。東京二期会研修所修了時優秀賞受賞。日仏笹川 財団の助成をきっかけに2010年より渡仏。CRD de Bourg-la-Reineにてディプロム DEM取得。CRR de Paris バロック科のコンサートティストに在籍中。パリシャトレ座 のサルニジンスキーにて奨学生コンサート、CRRのauditoriumにてポッペアの戴冠など に出演。東京二期会会員。

______________________________________

金澤みなつ(ピアノ)



愛知県立芸術大学音楽学部卒業。同大学院音楽研究科音楽専攻博士前期課程首席修了。これまでにピアノを 遠藤誠津子、大口光子、掛谷勇三、ヴァディム・サハロフ、松本総一郎の各氏に師事。宗次ホールランチタ イムコンサート、アルマ21世紀コンサート、愛知芸術文化センターフレッシュコンサート、小劇場コンサー ト、第33回読売中部新人演奏会、日本各地でのジョイントコンサートなど数々の演奏会に出演。国内外のコ ンクールに出場し、2010年YBP 国際コンクール総合第1位、第11回大阪国際音楽コンクールAge-G第1位 など。2010年パリ、ウィーンスカラシップを得て2012年ウィーンにてリサイタルを開催。2013年アンサ ンブル神戶とグリーグのピアノ協奏曲を共演。2008年ムーランダンテ音楽祭(フランス)にてディプロム 取得、ディーナ・ヨッフェ氏に師事。現在、愛知県立芸術大学大学院博士後期課程に在学。大阪国際音楽コ ンクール公式伴奏者。名古屋学芸大学非常勤講師。ソロ、伴奏 、室内楽各分野で幅広く演奏活動を行ってい る。

_____________________________________

柴田祐太 (オーボエ)



13歳よりオーボエを始める。愛知県立芸術大学卒業。第7回日本ジュニア管打楽器コン クール第一位。これまでにオーボエを池田逸雄、寺島陽介、和久井仁、浦丈彦、小畑善 昭の各氏に師事。トーマス=ローデ、ヤン=ソウチェク、ハンスイェルク=シェレンベ ルガー各氏のマスタークラスを受講。室内楽を村田四郎、原田綾子、⻘谷良明、岡崎耕 治の各氏に師事。現在東京藝術大学大学院に在学。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Yukari Nakamura 中村ゆかり official website

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第9回 なごやウィメンズ・クラシック〜ピアニスト伊藤温子さん&田中百合子さん
    吉田沙緒里 (08/18)
  • ♫「Assembridge NAGOYA 2016」プレイベント開催のお知らせ♫
    中村ゆかり (05/13)
  • ♫「Assembridge NAGOYA 2016」プレイベント開催のお知らせ♫
    カッチャン (03/20)
  • NHKナゴヤ ニューイヤーコンサート2015
    佐藤尚子 (02/05)
  • 2013年1月27日(日)愛知県美術館クリムト展コンサート
    中村ゆかり (01/29)
  • 2013年1月27日(日)愛知県美術館クリムト展コンサート
    matsu-hyou (01/28)
  • 2012年11月13日〜12月18日(応募締切9月26日) 世界に一歩踏み出そう 熱田生涯教育センター 市民講座のお知らせ 
    中村ゆかり (10/15)
  • 2012年11月13日〜12月18日(応募締切9月26日) 世界に一歩踏み出そう 熱田生涯教育センター 市民講座のお知らせ 
    Papa (09/27)
  • 2012年8月31日(金) モーツァルト入門 四日市中日文化センター 特別講座のお知らせ
    中村ゆかり (08/26)
  • 2012年8月31日(金) モーツァルト入門 四日市中日文化センター 特別講座のお知らせ
    Papa (08/26)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM