ようこそ先輩と読書の秋

ここ数日、ドイツでは珍しく美しい秋晴れが続いています。





先週、6日間ほど、日本へ帰国しておりました。

滞在中、楽しみにしていたシプリアン・カツァリスさんのピアノ・リサイタルは、

台風の影響で止む無く中止になってしまいましたが、

企業様や学校からご依頼いただいていた大切な特別講座3件は無事終了。

その他の打ち合わせでも、皆様に大変お世話になりました。





母校の東浦中学校での「ようこそ先輩」事業後に、

ピアニストの戸谷誠子さんと校門で記念撮影!









戸谷さんは、愛知県立芸術大学、および大学院を首席で卒業、修了後、

ウィーン国立音大で学ばれた優秀なピアニスト。

演奏もそうですが、お人柄も格別で

会うたびにファンになってしまう、

心豊かで素敵な演奏家です。





帰り際にはたくさんの生徒さんが声をかけてくれました。

都会から来た戸谷さんが、東中生の純真さにいたく驚いておられて、

もちろん先生方のご指導の賜物だと思いますが、

卒業生としてとても誇らしい気持ちになりました。





母校での講座、いただいたご縁にに感謝をするとともに、

もっとがんばって、地域に恩返しができる人に成長したいと決意をあらたにしました。







この翌朝には、飛行機でドイツへ戻り、

16時到着で、18時半から仕事!

毎日が忙しく過ぎていきます。







さて、このブログ、

いつも、ご案内ばかりになってしまっているので、

もうすぐ3年目を迎えるドイツでの暮らしのひとこまも

今後は綴っていけたらな、なんて思っています。

お手隙の際にでも、皆様にお読みいただけたら嬉しいです。







ということで、早速、

先日こちらで参加した読書会!の様子をご紹介。



ドイツで一般的なのか、わかりませんが

私の周りでは、読書会を開催される方が多く

これまでも、何度かお誘いいただいていたのですが、

なかなか気が進まず。。。





でも、この読書会は、テーマがドイツ詩、

さらにハープの演奏に併せての俳優による朗読パフォーマンスもあるよ、

さらには、前回はハープとお能?のパフォーマンスがあって、

それが素晴らしかったの

と友人から熱烈な誘いを受け、

行ってみることに。





右が作品の背景、概要を説明する方、

左が朗読する方。朗読の方は、プロの俳優(演劇の劇場の)さんです。

一作品読むごとに、皆で対話を重ねていきます。







この日は、生憎の悪天候で、開催場所が変更、

さらにハーピストが病気で

ハープのパフォーマンスは中止に!!!





だったのですが、

3時間に及ぶ読書会、初めての経験、

たくさんの初めましての方とも知り合い、

思った以上に楽しむことができました。





読書会は少し特別ですが、

普段から議論が好きなドイツ人。

本についても、ふとした場面で話す機会が多いように思います。





写真は、私が夏の休暇を終えてドイツに戻った際に、

友人が主催してくれた小さなパーティーの写真。

友人宅で、夜20時から各自おつまみ持ち寄り開催。

テーブルに載っているのは、張り切って一番乗りした私が持参したプレートです。笑







この時も、最近読んだ本が話題になり、、、



嬉しいことに、私を通じて日本文化に興味をもってくれた友人たちが、

日本の作家さんの作品もかなり読んでいると話してくれました。







こちらは、その時、友人が読んでいると言っていた横山秀夫さんの



『64 ロクヨン』









日本語からではなく、英語からドイツ語に訳されたものですが、

ドイツでは、ここ数カ月ベストセラーになっていて、

夏前から多くの書店で平積みされています。







読書の秋、いつも以上に本に親しみたいですね。

















2018年8月6日(月) NHKカルチャー 夜カル・大人の教養アラカルト2018夏 特別講座『ドビュッシー没後100年 ─パリ・芸術・愛─』

夜カル・大人の教養アラカルト2018

 

 

ドビュッシー没後100年─パリ・芸術・愛─

 

 

特別講座開催のご案内です。

平日の夜、お仕事帰りにちょっとだけ、教養講座に出掛けてみよう♪

という趣旨で開催される「夜カル・大人の教養アラカルト」

シリーズの1回を担当させていただきます。

 

シリーズですが、この日だけの受講ももちろん可能です

(シリーズでのご参加は好評につき、キャンセル待ちです)。

ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

講座名:

ドビュッシー没後100年─パリ・芸術・愛─

 

2018年に没後100年を迎えるフランスを代表する作曲家ドビュッシー。

パリの転換期を生きたこの音楽家の名曲と聴きどころを「パリ、芸術、愛」など

押さえておきたいキーワードで学んでいきます。

写真、映像、音源など、貴重で多彩な資料を使って、

90分であらゆる角度からドビュッシーを堪能します。
 

 

開講日:

2018.8.6 (月) 19:00〜20:30


会場:

 

NHK文化センター名古屋教室 21階 216教室

 

 

受講料:

会員/一般 各3000円

 

 

 

お申し込みは

 

 

NHK文化センター名古屋教室

 

052−952−7330

 

 

にお電話いただくか

 

下記リンクをご参照願いします

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1154171.html


2017年7月 9日(日) オペラ講座『ミカド』(初級編・全2回) 第1回 西洋音楽の中のジャポニスム〜コミック・オペラ『ミカド』とその周辺

2017年8月に、びわ湖ホールと新国立劇場で開催されるコミック・オペラ《ミカド》の公演に先立ち、

作品について解説する講座の第1回を担当させていただきます。

 

皆様ぜひご参加ください。

 

第1回:西洋音楽の中のジャポニスム〜コミック・オペラ『ミカド』とその周辺

講師:中村ゆかり(音楽評論家)

 

※第2回:外国人の見た日本人の思う日本〜どっちが本当の姿か?(7月17日(月・祝))はこちら

 

 

■びわ湖ホール オペラへの招待 サリヴァン作曲 コミック・オペラ 『ミカド』

8月5日(土)詳細はこちら

8月6日(日)詳細はこちら

■新国立劇場 地域招聘オペラ公演 サリヴァン作曲『ミカド』

8月26日(土)詳細はこちら

8月27日(日)詳細はこちら

公演名 オペラ講座『ミカド』(初級編・全2回) 第1回 西洋音楽の中のジャポニスム〜コミック・オペラ『ミカド』とその周辺
開催日 2017年7月 9日(日)
時間 14:30開講
会場 びわ湖ホール リハーサル室
料金(税込) 全2回通し券:2000円
1回券:1500円(当日券のみ)
発売日 友の会: 2017年3月 9日(木)10:00〜(ネット・チケットおよび電話受付のみ)
一 般: 2017年3月11日(土)10:00〜
お問い合わせ びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136(10:00〜19:00/火曜日休館、休日の場合は翌日)
注意事項
  • 6歳未満のお子さまはご入場いただけません。
  • お申し込みいただいたチケットのキャンセル・変更はできません。
  • チケットのお申し込み後、ご案内の期限内に所定の手続きをされなかった場合には、チケットの販売・引き渡しをお断りいたします。
  • 友の会優先販売期間中の窓口販売はありません。
※やむを得ない事情により、内容等が変更になる場合がございます。
※1回券(1,500円)は残席がある場合に限り、当日のみ販売いたします。事前のご予約は承れませんので、ご了承ください。

インターネットでお申し込み

ユーザー登録がお済みの方はチケット購入画面へ

ユーザー登録がまだの方はユーザー登録へ

ネットチケットでの発売期間

  • 現金・クレジットカード決済/窓口引取 →公演3日前まで
  • コンビニ決済/コンビニ引取 →公演3日前まで
  • クレジットカード決済/郵送 →公演9日前まで
  • 郵便振替/郵送 → 公演18日前まで

お電話でお申し込み

びわ湖ホールチケットセンター077-523-7136

受付時間10:00〜19:00

  • 毎週火曜日休館(休日の場合は翌日)
  • 電話での発売期間:公演当日まで(公演により異なります。)

窓口でお申し込み

びわ湖ホールチケットセンター窓口〒520-0806 滋賀県大津市打出浜15-1

受付時間10:00〜19:00

  • 毎週火曜日休館(休日の場合は翌日)
  • 窓口での発売期間:公演当日まで(公演により異なります。)

 

会場やお問合せ等、詳細は以下のリンク(びわ湖ホール様HP内)をご参照ください。

https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2017/02/22/21-9.html


2016年7月8日(金)没後160周年特別講座: 父なる大河ラインを巡るシューマンの旅のご案内

シューマン没後160周年にちなみ、

NHK名古屋カルチャセンターさんで特別講座を開催させていただく事になりました。




【講座名】


没後160周年特別講座:


父なる大河ラインを巡るシューマンの旅

iPhoneImage.png

【講座内容】

ドイツ人の「父なる川ライン」をキーワードに、この大河に魅せられた今年没後160年を迎える作曲家シューマンの作品を紐解きます。ライン川はドイツ人の心の故郷と呼ばれ、ドイツの歴史と多くの文化がこの川のもとに生まれました。
作曲家シューマンを語る上でも、ライン川は忘れることの出来ない特別な存在です。
青年期にこの川に魅せられたシューマンは、晩年になってこの川のほとりに暮らし、その後大河に身を投げました。
今回の講座では、シューマンとライン川を巡るエピソードとともに、交響曲第3番《ライン》作品97や歌曲集〈リーダークライス〉作品39などライン川を巡るシューマンの作品を名演奏とともにお楽しみいただきます。


iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

写真は現在、私が在住するノルトライン=ヴェストファーレン州の州都であり
シューマンと妻クララ夫婦にとっての終焉の地となったデュッセルドルフを流れるライン川と、
デュッセルドルフのシューマン博物館。
本講座では、シューマンのデュッセルドルフ時代の貴重な資料も豊富に取り上げていきます。



【開催日程】

2016年07月08日(金) 12:30−14:30



【お申し込み/お問い合わせ】

NHK文化センター名古屋教室
電話番号:052-952-7330

下記のリンクをクリックいただきますと、インターネットでお申し込みいただけます。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1105704.html


*名古屋、豊橋、岐阜、浜松教室で開催中の定期講座も引き続き開講致します。


生誕260周年特別講座:モーツァルトの光と影

モーツァルト生誕260周年にちなみ、

NHK名古屋カルチャセンターさんで全3回の特別講座を開催させていただく事になりました。

『モーツァルトの光と影』と題し、モーツァルトの人間ドラマに迫りながら、

その音楽を現在の視点で皆さんとともに巡っていきたい思います。


モーツァルトのあらたな魅力と、今聴きたいモーツァルトを発見する

充実した講座にしたいと思っております。みなさまぜひご参加ください♪


*名古屋、豊橋、岐阜、浜松教室で開催中の定期講座も引き続き開講致します。


【講座名】

生誕260周年特別講座:

モーツァルトの光と影


−名録音で巡るその生涯と作品


【開催日程】

第1回:2016/04/16(土) 「旅するモーツァルト」神童〜マンハイム時代
第2回:2016/05/21(土) 「栄枯盛衰は世の習い?」ウィーン時代
第3回:2016/06/18(土) 「魔笛とレクイエム」晩年


3回ともに16:00〜17:30の時間帯で開催いたします。


【講座内容】

2016 年に生誕260年を迎えるモーツァルト。その生涯と作品を20世紀の名演奏家と現在(いま)をときめく名手による名録音で辿ります。神童、天才として知ら れる作曲家モーツァルトの人間ドラマに迫り、作品を読み解きながら、モーツァルトの人生と名曲に隠された光と影を追っていきます。講座は、第1回「神童〜 マンハイム時代」、第2回「ウィーン時代」、第3回「晩年」と生涯を3つの時代に分け、各回で豊富な映像資料や音源を視聴しながら、作曲家の生涯のエピ ソードとともに名曲をご紹介していきます。200年の時空を超えて愛され続けるモーツァルトの音楽。その新たな魅力、いま聴きたいモーツァルトを発見する講座です。



【お申し込み/お問い合わせ】

NHK文化センター名古屋教室
電話番号:052-952-7330

下記のリンクをクリックいただきますと、インターネットでお申し込みいただけます。
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1097845.html


2015年 9月19日(土) 恋するオーボエ♪ レクチャーコンサート〜名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者 山本直人さんをお迎えして〜のご案内


9月19日(土)に開催させて頂くNHK特別講座のご案内です。

現在、

名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者としてご活躍されている

オーボエの名手、

山本直人さんをゲストにお迎えして行う講座です。







オーボエの作品、小品、協奏曲に加えて、
オーボエ属の楽器を様々に持ち替えて
あの管弦楽作品や、あの交響曲からも一節、、、などなど
演奏作品は盛りだくさん。

さらに、楽器やリードのお話、
普段なかなかお伺いできないアーティスト・トークも交えて、

ご来場頂く皆様に
オーボエの音色、オーボエ奏者山本さんの魅力をた〜っぷりと
心行くまでご堪能頂きたいと思います。


素敵なオーボエの音色ともに、

楽しく贅沢な一時をお過ごし頂ける事と思います。


皆様ぜひ、お聞き逃し無く!!!


ご来場を心よりお待ち申し上げます♪




*******************

【講座名】



恋するオーボエ♪ レクチャーコンサート

名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者 山本直人さんをお迎えして




*******************
【出演】

オーボエ:山本直人

名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者  


ピアノ:村松明子

おはなし:中村ゆかり


【日時】
 
2015年9月19日(土)18時30分開講(20時30分終了予定)


【会場】
NHK放送センタービル 21階211教室
住所:名古屋市東区東桜1-13-3


【演奏曲目(予定)】

・マルチェッロ:オーボエと弦楽合奏のための協奏曲
・シューマン:3つのロマンス
・E.モリコーネ:ガブリエルのオーボエ



【受講料】

 2810円(会員)/3030円(一般)



【お問い合わせ・お申し込み】

 NHK文化センター名古屋 (電話)052-952-7330


 *インターネットからもお申し込みが可能です。


 お手数ですが、以下のリンクをクリックしてお申し込みください。

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1083394.html





 *当日受付によるご参加も可能です。


*******************
山本直人先生プロフィール


’85年武蔵野音大を首席で卒業。陶山勝、吉成行蔵、北島章、インゴ・ゴリツキの各氏に師事。’86年名古屋フィルハー モニー交響楽団に入団。現在、首席奏者。’92年2月より一年間ベルリンに留学し、アンドレアス・ヴィットマン氏に師事。’04年名古屋市民芸術祭 2004審査員特別賞を受賞。ソロ活動や、「名古屋ヴィルトゥオーゼン」等の主要メンバーとして室内楽活動も盛んに行う傍ら、名古屋音大、大垣女子短大非 常勤講師として後進の指導にも力を注いでいる。

 

2014年11月22日(土)癒しのホルン〜ホルンの魅力を体感しよう〜 のご案内

11月22日(土)に開催させて頂くNHK特別講座のご案内です。

現在、

韓国テグ交響楽団首席ホルン奏者としてご活躍されている

ホルンの名手、

竹村淳司先生をゲストにお迎えして行う講座です。





ホルンのソロ演奏、それも、名手での演奏!
を聴く機会はなかなか無いと思いますが、


今回は、ホルンの無伴奏作品、小品、協奏曲に加えて、
あの管弦楽作品や、あの交響曲からも一節、、、、等々


ご来場頂く皆様に
とにかく、ホルン音楽の魅力をた〜っぷりと
心行くまでご堪能頂きます。


(竹村先生にご無理を申し上げましたので、本当に贅沢です!)



今回は、竹村先生に冒頭からトークにもご参加頂き、
楽しく進めて参ります。




楽器のお話、演奏のお話、
音楽、作品、作曲者のお話、
演奏者としてのあれこれ、、、、等々、
普段なかなかお伺いできないお話も
たくさんお聴きしてみたいと思っております。


トークと演奏による、あっという間の90分になるはずです。

ピアニストは金澤みなつさん




素敵なホルンの音色ともに、
楽しく贅沢な一時をお過ごし頂ける事と思います。


皆様ぜひ、お聞き逃し無く!!!


ご来場を心よりお待ち申し上げます♪



*******************


【講座名】

恋するクラシック特別編


癒しのホルン

〜ホルンの魅力を体感しよう〜


*******************



【出演】

 ホルン:竹村淳司

 (韓国・テグ交響楽団首席ホルン奏者)  


 ピアノ:金澤みなつ

  おはなし:中村ゆかり


【日時】
 
 2014年11月22日(日)16時15分開講(17時45分終了予定)


【会場】
 NHK放送センタービル 21階211教室
 住所:名古屋市東区東桜1-13-3


【演奏曲目(予定)】

・ロッシーニ:狩りのランデヴー
・モーツァルト:ホルン協奏曲第3番 変ホ長調 KV447
・サン=サーンス:白鳥
・ボザ:森にて
・スラヴィッキー:ソロ・ホルンのための音楽〜Musica per Corno solo より 




【受講料】

 2810円(会員)/3030円(一般)



【お問い合わせ・お申し込み】

 NHK文化センター名古屋 (電話)052-952-7330


 *インターネットからもお申し込みが可能です。


 お手数ですが、以下のリンクをクリックしてお申し込みください。
  https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1014751.html






 *当日受付によるご参加も可能です。
 



*****************************


竹村 淳司

(ホルン奏者、韓国・テグ交響楽団(Daegu Symphony Orcestra)の首席ホルン奏者)


13 歳よりホルンを始める。静岡県浜松市出身。1993年国立音楽大学卒業、卒業演奏会に出演。1994年第11回日本管打楽器コンクール第1位入賞。同コン クールの「入賞者の表彰式・特別演奏会」にて、手塚幸紀指揮、東京シティフィルハーモニック管弦楽団とウェーバーのコンチェルティーノを共演。
1995年東京シティフィルハーモニック管弦楽団に入団。1996年、山形県で開催された「第27回国際ホルンシンポジウム」にてケルビーニの「2つのソ ナタ」を演奏。1997年11月東京シティフィルの定期演奏会にてR・グリエールのホルン協奏曲を演奏。1999年6月、出身地である浜松市にてホルンリ サイタルを行う。同年7月、東京シティフィルを退団し東京交響楽団に首席ホルン奏者として入団。同年11月、東京シティフィルの定期演奏会にてJ・フィア ラの「2つのホルンとオーケストラのための協奏曲」をソリストとして演奏する。2005年東京交響楽団の定期演奏会にてモーツァルトの協奏交響曲(R・レ ヴィン再構成版)を音楽監督であるH・スダーンの指揮で演奏する。2006年、クラウディオ・アバド率いるルツェルンフェスティバルオーケストラの日本公 演に参加。1995年、山形にて、2007年7月にスイスで行われた国際ホルン協会のシンポジウムに日本人ソリストとして招聘される。2009年東京交響 楽団を退団し愛知県立芸術大学の准教授に就任する。就任後は後進の指導の傍らナチュラルホルン(古楽器)の研究も精力的に行ない、2010年12月には茂 木大輔指揮、オーケストラ・アンサンブル「風」とモーツァルト作曲、ホルン協奏曲第1番を演奏する。そして2012年2月、外山雄三指揮オーケストラアカ デミカの定期演奏会にてモーツァルトの協奏曲3番を演奏する。2010年2月には東京交響楽団の第575回定期演奏会にてベルリンフィルハーモニーの首席 ホルン奏者、S・ドール氏と共にR・シューマン作曲、4本のホルンと大オーケストラのためのコンツェルトシュトゥックを演奏する。同年5月に韓国、ソウル で開催されたSeoul Spring Festival 2010に室内楽の一員として招待され演奏する。2011年3月、同じくソウルにてソウル国立大学音楽学部教授Young Yul-Kim指揮のTHE WINDS演奏会にてR・シューマン作曲、4本のホルンと大オーケストラのためのコンツェルトシュトゥックの1番ホルン奏者として出演。そして2012年 6月にはテジョン(大田)市立管弦楽団(Daejeon Philharmonic Orchestra)のシーズンコンサートプログラムにアジア木管アンサンブルの一員としてモーツァルトの協奏交響曲を演奏する。
2013年3月に愛知県立芸術大学を退職し4月より韓国、テグ交響楽団(Daegu Symphony Orcestra)の首席奏者としてオーケストラのキャリアを再始動させる。
このほかにも東京ホルンクヮルテットやソリスト、室内楽奏者として多方面にわたって活躍している。
これまでに千葉馨、安原正幸、大阪泰久の各師に師事。さらに1997、1999年にアフィニス音楽祭にて、1998年にスイスの首都、ベルンにて「ベルン 音楽院秋期講習会」にて、フライブルク音楽大学教授のブルーノ・シュナイダー氏(Bruno Schneider 元スイスロマンド管弦楽団の首席ホルン 奏者)に師事する。



***************************

ピアノ:金澤みなつ


名古屋市出身。愛知県立芸術大学音楽学部器楽学科(ピアノ専攻)卒業。学内選抜オーディションにより定期演奏会、室内楽の愉しみ、卒業演奏会に 出演。同大学院音楽研究科音楽専攻博士前期課程(修士)首席修了、大学院最優秀修了生によるコンサートに出演。これまでにピアノを遠藤誠津子、大口光子、 掛谷勇三、ヴァディム・サハロフ、松本総一郎、作曲を若林千春の各氏に師事。
宗次ホールランチタイムコンサート、アルマ21世紀コンサート、愛知芸術文化センターフレッシュコンサート、小劇場コンサート、第33回読売中部新人演奏 会、日本各地でのジョイントコンサートなど数々の演奏会に出演。第10回中部ショパン学生ピアノコンクール銀賞。第23回日本ピアノ教育連盟ピアノオー ディション全国大会出場・入賞者演奏会に出演。2007年ポーランド・クラクフ音楽院教授らと「ピアノトリオの夕べ」で共演。第10回大阪国際音楽コン クールAge-U エスポワール賞、大阪国際音楽コンクールパリ・ガラコンサートに出演。2010年YBP 国際コンクール弦楽器・ピアノ総合第1位。第11回大阪国際音楽コンクールAge-G 第1位、Germaine Mounier賞、ショパン賞、レッスンの友賞を受賞と共にウィーンスカラシップを得て、2012年ウィーンにてリサイタルを開催。2013年アンサンブ ル神戸とグリーグのピアノ協奏曲を共演。
2008年よりムーランダンテ音楽祭(フランス)にてディプロム取得、ディーナ・ヨッフェ氏に師事。
現在、愛知県立芸術大学大学院博士後期課程に在学。大阪国際音楽コンクール公式伴奏者。名古屋学芸大学非常勤講師。ソロ、伴奏 、室内楽各分野で幅広く演奏活動を行っている。

2014年11月8日(土)市民大学講座in常滑市 【クラシック音楽を聴くのが楽しくなる/入門編】のご案内

11月8日(土)に常滑市で開催させて頂く市民大学講座のご案内です。


*****************
学びのデザインを考える
市民大学講座(あいちモリコロ基金助成事業)

講座名:クラシック音楽を聴くのが楽しくなる 入門編
講師:中村ゆかり
日時:2014年11月8日 13時30分〜16時30分
場所:常滑市中央公民館 2階 会議室  常滑市新開町5丁目65番地 
http://www.city.tokoname.aichi.jp/kbn/75300310/75300310.html
受講料:無料

*******************

こちらの講座は、市民が主体となって公民館活動、文化活動を活性化させるための
ボランティア・プロデューサー養成を目的としたリレー講座で、
私が担当させていただく音楽系以外にも、
美術、映画等、様々なジャンルの講師の方をお招きするようです。

知多半島の文化活性に少しでもご協力させて頂くことができたらと
私は今回、音楽講座を担当させて頂きます。
講座内容は、東海地区でのクラシック音楽の楽しみ方&音楽を聞いてみよう!
というもの。
どなたでもお気軽に楽しんで頂く内容に致します。


私の講座、大変嬉しい事に、実はかなり多くの方にお申し込み頂き、
すでにお申し込みを閉め切っております。
しかし、私個人からのご案内が遅くなってしまいましたので、
私枠として、少しお席を用意して頂きました。
ブログをご覧の方で聴講をご希望される方は、お手数ですが私宛にメッセージをお送りください。
http://yukarinakamura.jp/contact/index.html
よろしくお願い致します。
 

NHK文化センター名古屋教室音楽史講座<恋するクラシック>2014年10 月期スタート講座のご案内

10月期から新たにスタートする NHK文化センター名古屋教室
「恋するクラシック〜珠玉の名曲案内」の講座のご案内です。

昨年から続く、「20世紀の巨匠」を採り上げた名演奏家シリーズ。
今期も引き続きこのシリーズを続けて参ります。


NHK文化センターさんでは、現在名古屋教室をはじめ、
豊橋、岐阜、浜松教室でも、別の内容で音楽史の講座を開講させて頂いております。
(三重県では、四日市中日文化センターで音楽史講座を開講しております)


私事、大学で教えさせて頂いて今年で10年目、
文化センターさんでは、今期で5年目を迎えました!!!


教える事を通じて、たくさんの事を学ばせて頂き、日々、自身と講座の内容の充実に精励しております。


昨年頃から大学では、単位は要らないから聴講させてくださいという学生さんが、
文化センターでは、お陰様で受講生の継続率が9割を超えるようになってきました。


時折、拍手ではなく、ブラヴォーと言って頂き授業を終えることも、、、、。
私も生徒さんも、音楽に大興奮です。


音楽を学ぶというより、音楽を共に楽しんで頂けたらと思っております。


カリキュラムの内容は以下の通りです。
*内容的には途中からでもご受講頂けるものとなっております。
また、講座の見学も随時受け付けておりますので、お気軽にお立ち寄りください♪


「恋するクラシック〜珠玉の名曲案内」
〜名演奏家で聴く名曲案内〜


各回で20世紀を代表する様々なジャンルの演奏家を採り上げ、名曲を鑑賞します。
映像や録音などの多彩な資料を用いて、わかりやすく名曲に迫ります。


・カルロス・クライバー(指揮)
・ロストロポーヴィチ(チェロ)
・ダヴィッド・オイストラフ(ヴァイオリン)
・フリッツ・ヴンダーリヒ(テノール)
・アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)他。

内容が変更になる場合がございます。


お問い合わせは、
NHK文化センター名古屋教室電話
052-952-7330

インターネットからもお申し込みが可能です
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_541401.html

皆様の御受講をお待ち申し上げます。

NHK文化センター名古屋教室音楽史講座<恋するクラシック>2014年4月期スタート講座のご案内

4月期から新たにスタートする NHK文化センター名古屋教室
「恋するクラシック〜珠玉の名曲案内」の講座のご案内です。

昨年10月期から続いていた名演奏家シリーズの講座ですが、
大変ご好評を頂いておりまして、
4月期も引き続きこのシリーズを続けていきます。

なにより私自身が、このシリーズを非常に楽しんで開講させていただいておりまして、
毎回受講生の皆さんと、感動したり、笑ったりで、時間がどんどん過ぎております。

カリキュラムの内容は以下の通りです。

「恋するクラシック〜珠玉の名曲案内」
〜名演奏家で聴く名曲案内〜


各回で20世紀を代表する様々なジャンルの演奏家を採り上げ、名曲を鑑賞します。
映像や録音などの多彩な資料を用いて、わかりやすく名曲に迫ります。

カリキュラム
1 アルフレッド・コルトー(pf)
2 ヴィルヘルム・ケンプ(pf)
3 スヴャトスラフ・リヒテル(pf)
4 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(pf)
5 フルトヴェングラー(指揮)
6 バーンスタイン(指揮)
7 ダヴィッド・オイストラフ(vn)
8 ロストロポーヴィチ(vc)
9 エマニュエル・パユ(fl)
10 ハンスイェルク・シェレンベルガー(ob)
11 ナタリー・デセイ(sop)
12 フリッツ・ヴンダーリヒ(ten)

お問い合わせは、
NHK文化センター名古屋教室電話 
052-952-7330

インターネットからもお申し込みが可能です
ここをクリックしてお申し込みください。

皆様の御受講をお待ち申し上げます。

| 1/4PAGES | >>

Yukari Nakamura 中村ゆかり official website

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第9回 なごやウィメンズ・クラシック〜ピアニスト伊藤温子さん&田中百合子さん
    吉田沙緒里 (08/18)
  • ♫「Assembridge NAGOYA 2016」プレイベント開催のお知らせ♫
    中村ゆかり (05/13)
  • ♫「Assembridge NAGOYA 2016」プレイベント開催のお知らせ♫
    カッチャン (03/20)
  • NHKナゴヤ ニューイヤーコンサート2015
    佐藤尚子 (02/05)
  • 2013年1月27日(日)愛知県美術館クリムト展コンサート
    中村ゆかり (01/29)
  • 2013年1月27日(日)愛知県美術館クリムト展コンサート
    matsu-hyou (01/28)
  • 2012年11月13日〜12月18日(応募締切9月26日) 世界に一歩踏み出そう 熱田生涯教育センター 市民講座のお知らせ 
    中村ゆかり (10/15)
  • 2012年11月13日〜12月18日(応募締切9月26日) 世界に一歩踏み出そう 熱田生涯教育センター 市民講座のお知らせ 
    Papa (09/27)
  • 2012年8月31日(金) モーツァルト入門 四日市中日文化センター 特別講座のお知らせ
    中村ゆかり (08/26)
  • 2012年8月31日(金) モーツァルト入門 四日市中日文化センター 特別講座のお知らせ
    Papa (08/26)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM