ようこそ先輩と読書の秋

ここ数日、ドイツでは珍しく美しい秋晴れが続いています。





先週、6日間ほど、日本へ帰国しておりました。

滞在中、楽しみにしていたシプリアン・カツァリスさんのピアノ・リサイタルは、

台風の影響で止む無く中止になってしまいましたが、

企業様や学校からご依頼いただいていた大切な特別講座3件は無事終了。

その他の打ち合わせでも、皆様に大変お世話になりました。





母校の東浦中学校での「ようこそ先輩」事業後に、

ピアニストの戸谷誠子さんと校門で記念撮影!









戸谷さんは、愛知県立芸術大学、および大学院を首席で卒業、修了後、

ウィーン国立音大で学ばれた優秀なピアニスト。

演奏もそうですが、お人柄も格別で

会うたびにファンになってしまう、

心豊かで素敵な演奏家です。





帰り際にはたくさんの生徒さんが声をかけてくれました。

都会から来た戸谷さんが、東中生の純真さにいたく驚いておられて、

もちろん先生方のご指導の賜物だと思いますが、

卒業生としてとても誇らしい気持ちになりました。





母校での講座、いただいたご縁にに感謝をするとともに、

もっとがんばって、地域に恩返しができる人に成長したいと決意をあらたにしました。







この翌朝には、飛行機でドイツへ戻り、

16時到着で、18時半から仕事!

毎日が忙しく過ぎていきます。







さて、このブログ、

いつも、ご案内ばかりになってしまっているので、

もうすぐ3年目を迎えるドイツでの暮らしのひとこまも

今後は綴っていけたらな、なんて思っています。

お手隙の際にでも、皆様にお読みいただけたら嬉しいです。







ということで、早速、

先日こちらで参加した読書会!の様子をご紹介。



ドイツで一般的なのか、わかりませんが

私の周りでは、読書会を開催される方が多く

これまでも、何度かお誘いいただいていたのですが、

なかなか気が進まず。。。





でも、この読書会は、テーマがドイツ詩、

さらにハープの演奏に併せての俳優による朗読パフォーマンスもあるよ、

さらには、前回はハープとお能?のパフォーマンスがあって、

それが素晴らしかったの

と友人から熱烈な誘いを受け、

行ってみることに。





右が作品の背景、概要を説明する方、

左が朗読する方。朗読の方は、プロの俳優(演劇の劇場の)さんです。

一作品読むごとに、皆で対話を重ねていきます。







この日は、生憎の悪天候で、開催場所が変更、

さらにハーピストが病気で

ハープのパフォーマンスは中止に!!!





だったのですが、

3時間に及ぶ読書会、初めての経験、

たくさんの初めましての方とも知り合い、

思った以上に楽しむことができました。





読書会は少し特別ですが、

普段から議論が好きなドイツ人。

本についても、ふとした場面で話す機会が多いように思います。





写真は、私が夏の休暇を終えてドイツに戻った際に、

友人が主催してくれた小さなパーティーの写真。

友人宅で、夜20時から各自おつまみ持ち寄り開催。

テーブルに載っているのは、張り切って一番乗りした私が持参したプレートです。笑







この時も、最近読んだ本が話題になり、、、



嬉しいことに、私を通じて日本文化に興味をもってくれた友人たちが、

日本の作家さんの作品もかなり読んでいると話してくれました。







こちらは、その時、友人が読んでいると言っていた横山秀夫さんの



『64 ロクヨン』









日本語からではなく、英語からドイツ語に訳されたものですが、

ドイツでは、ここ数カ月ベストセラーになっていて、

夏前から多くの書店で平積みされています。







読書の秋、いつも以上に本に親しみたいですね。

















2018年9月30日(日) シプリアン・カツァリス ピアノ・リサイタル

プログラムを執筆させていただきました公演のご案内です。

 

シプリアン・カツァリス 

 

ピアノ・リサイタル

 

 

没後100年を迎えたドビュッシーの名曲を中心に据えた、全曲フランスものプログラム。

 

 

先日ご本人にお会いして、お伺いしたお話しも交え、コラムも同時に執筆しました。

 

 

 

フォルクレ親子、リュリなどのフランス・バロック、

 

近年再評価が進む女性作曲家メル=ボニなど、カツァリス拘りの貴重な作品に加え、

 

自身の即興的アレンジも加えた、オペラ《カルメン》、《動物の謝肉祭》の1台ピアノ版など、

 

200年ちかいフランス音楽史を駆け巡る、多彩なプログラム。

 

 

もちろん、ドビュッシーやラヴェルの名曲もたっぷり演奏しますよ。

 

 

夏の横浜みなとみらい公演は完売、豊田の4日後に予定されている浜離宮もピアでは完売のようです。

 

カツァリスの演奏をお聴きになったことの無い方は、

 

ぜひいらしてください。

 

とにかく驚きますよ!

 

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

2018年09月30日(日) 開場:14:30 開演:15:00
会場:豊田市コンサートホール

 

◆プログラム(予定)
ドビュッシー/月の光
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
ビゼー/オペラ《カルメン》より(ビゼーとカツァリス編曲)
サン=サーンス/動物の謝肉祭 ほか

 

入場料
1階席/6,000円
バルコニー席/5,000円(U25:2,000円)

 

公演などに関するお問いあわせ

東海テレビ放送 事業部:052-954-1107 (平日10:00〜18:00)

 


2018年8月19日(日)仲道郁代 ピアノ・リサイタル

監修をさせていただいている





しらかわホール プレミアタイム 公演のご案内です。







この公演をもちまして、しらかわホールさんは改修工事のため、





2019年9月13日まで、約一年間の休館期間に入られます。







(休館前最後の本公演は、おかげさまで予約販売枚数終了となりました。



ありがとうございます)







暫くは、名古屋が世界に誇る素晴らしい響きを持つしらかわホールでの音楽公演が聴けず残念ですが、







改修工事開け2019年9月からも、楽しみな公演が目白押しとなる予定です。







時期がきましたら、またこちらでもご案内させていただきます。















公演名:





仲道郁代 ピアノ・リサイタル 







公演日時:



2018年8月19日(日) 14:15開場/15:00開演







会場:



三井住友海上しらかわホール









公演概要:





人気のオール・ショパン・プログラムで贈る、しらかわホールへのオマージュ。







昨秋デビュー30周年を迎え、名実ともに日本を代表するピアニストとして、比類なき輝きを放ち続ける仲道郁代。本公演は、しらかわホール改修前の最終公演であり、同ホールに数多の名演を刻む彼女がホールへ送るオマージュである。



プログラムは、多くのファンが熱望するオール・ショパン!



ショパンは、彼女がデビュー直後から積極的に取り組んできた作曲家であり、ベートーヴェンやモーツァルトと並び、仲道のレパートリーの中核を成す作曲家である。ホールへのオマージュとして、彼女が膨大なショパンのレパートリーから選んだのは、24の前奏曲全曲とバラード全曲。いずれも、ショパン作品の中で、豊かな詩情と情熱、高度な音楽性が見事に融合した、最盛期の傑作として親しまれている作品である。



とりわけ、後半に置かれたバラード4曲は、テクニック的に超難曲として知られ、それぞれがメイン・ディッシュと言ってよい大曲だ。仲道のしらかわホールへの真摯で熱い想いを映す贅沢なプログラムとなった。演奏は、ピアニストならではの視点を交えた、親しみやすい解説を交えてお届けする。



高度に磨きぬかれたテクニックと、音色への研ぎ澄まされた感覚から生まれる珠玉のショパン。ショパンの魂に寄り添い続けてきたピアニスト仲道郁代が贈るプレミアムなホールへのオマージュをぜひとも堪能したい。







プログラム





オール・ショパン・プログラム







24の前奏曲 全曲



バラード 全曲









*チケット発売所





チケット予定販売枚数終了しております





東海テレビチケットセンター



052-951-9104 (平日10:00~18:00)





クラシック名古屋

052-678-5310





しらかわホールチケットセンター

052-222-7117











主催:東海テレビ放送

協賛:三井住友海上

協力:クラシック名古屋



監修:中村ゆかり



2018年8月6日(月) NHKカルチャー 夜カル・大人の教養アラカルト2018夏 特別講座『ドビュッシー没後100年 ─パリ・芸術・愛─』

夜カル・大人の教養アラカルト2018

 

 

ドビュッシー没後100年─パリ・芸術・愛─

 

 

特別講座開催のご案内です。

平日の夜、お仕事帰りにちょっとだけ、教養講座に出掛けてみよう♪

という趣旨で開催される「夜カル・大人の教養アラカルト」

シリーズの1回を担当させていただきます。

 

シリーズですが、この日だけの受講ももちろん可能です

(シリーズでのご参加は好評につき、キャンセル待ちです)。

ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

講座名:

ドビュッシー没後100年─パリ・芸術・愛─

 

2018年に没後100年を迎えるフランスを代表する作曲家ドビュッシー。

パリの転換期を生きたこの音楽家の名曲と聴きどころを「パリ、芸術、愛」など

押さえておきたいキーワードで学んでいきます。

写真、映像、音源など、貴重で多彩な資料を使って、

90分であらゆる角度からドビュッシーを堪能します。
 

 

開講日:

2018.8.6 (月) 19:00〜20:30


会場:

 

NHK文化センター名古屋教室 21階 216教室

 

 

受講料:

会員/一般 各3000円

 

 

 

お申し込みは

 

 

NHK文化センター名古屋教室

 

052−952−7330

 

 

にお電話いただくか

 

下記リンクをご参照願いします

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1154171.html


2018年2月25日(日)徳永二男ヴァイオリン・リサイタル

監修、およびプログラムを執筆させていただきました公演のご案内です。

 

公演名:

 

徳永二男 ヴァイオリン・リサイタル 名器の響き
〜世界のヴィルトゥオーゾ・シリーズvol.7〜

 

 

公演日時:

2018年2月25日(日) 13:15開場/14:00開演

 

 

会場:

三井住友海上しらかわホール

 

 

 

公演概要:

日本のヴァイオリン界巨匠による世界二大名器の弾き比べ!
抜群の知名度と人気を誇るヴァイオリニストの徳永二男は、NHK交響楽団の‘顔’ソロ・コンサートマスターとして長年にわたり活動し、現在に至るまで日本の音楽界を牽引してきた。本公演は、この音楽界の巨匠が、誰もが一度は味わってみたかったそんな体験をお届けする特別なコンサート。世界二大名器といわれるストラディバリウス、グァルネリ・デルジェスを、名手徳永が弾き比べ、それぞれの名器で奏でられる名曲を愉しむという千載一遇の機会。楽器の歴史やクラシック音楽裏話など、マエストロならではの、とっておきのトークも大いに期待される。

 

 

プログラム

 

フランク:
ヴァイオリン・ソナタ

サン=サーンス:
序奏とロンド・カプリツィオーソ

サラサーテ:
カルメン幻想曲、ツィゴイネルワイゼン

グルック/クライスラー:
メロディ 

 

ほか

 

 

*チケット発売所

 

東海テレビチケットセンター
052-308-4855 【発売初日特別電話】 (10:00~18:00)
052-951-9104 【2月13日(月)以降】 (平日10:00~18:00)

クラシック名古屋
052-678-5310

しらかわホールチケットセンター
052-222-7117

 

 

 

主催:東海テレビ放送
協賛:三井住友海上
協力:クラシック名古屋


2017年11月 カティア・ブニアティシヴィリ リサイタル・ツアー

プログラムを執筆させていただきました公演のご案内です。

 

カティア・ブニアティシビリ 

 

ピアノ・リサイタル

 

11月5日 名古屋(しらかわホール)

11月6日 東京(サントリーホール)

11月12日 大阪(いずみホール)

11月18日 札幌(札幌コンサートホールKitara)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リサイタルツアー全国4か所のプログラム、

 

曲目解説に加え、コラムも併せて執筆いたしました。

 

 

 

待望の初リサイタルとなる名古屋、札幌公演は既にチケット完売のようです。

 

 

 

 

残念!と思った皆様、

 

 

 

 

東京、大阪公演へぜひお出かけください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またソロ・リサイタルの曲目は、当初発表されていたものから以下のように変更になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調Op.57「熱情」

・リスト:ドン・ジョヴァンニの回想

・チャイコフスキー(プレトニョフ編曲):くるみ割り人形

・ショパン:バラード第4番 ヘ短調 Op.52

・リスト:スペイン狂詩曲

・リスト(ホロヴィッツ編):ハンガリー狂詩曲 第2番

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************

 

 

 

 

いま世界で最も輝きを放つピアニスト、待望の名古屋初公演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カティア・ブニアティシヴィリの来名を待ち望んでいたクラシック愛好家は少なくないだろう。「大胆不敵なヴィルトゥオーゾ(BBC Music)」と称されるこのジョージア(旧グルジア)生まれのピアニストは、2011年に発表されたデビューアルバム以降、僅か5年のうちに、西欧クラシック界のグラミー賞と言われる「エコー賞」を2度も獲得。ヨーロッパの主要オーケストラやマエストロが共演を熱望する、現在最も注目される若手ピアニストだ。

 

 

 

 

動画サイトYoutubeにアップされた彼女の演奏動画は、クラシック音楽動画としては驚異的な300万超えの再生回数を記録、年間100回を超える欧州主要都市での公演は、各地で軒並み即完売が続く。

 

 

 

 

女性ピアニストとしては傑出したテクニックに、重厚で力強い響きと大胆で野性的な表現を兼ね備えたブニアティシヴィリのピアノは、しばしば友人でもあるアルゲリッチの若き頃に重ねあわされる。また5か国語を流暢に話し、読書家としても知られる彼女は、詩的で機微をうがつ音作りにも長けている。

 

 

 

 

さて、そんな彼女の待望の名古屋初公演では、欧州でも高く評価を受けるベートーヴェンの「熱情」ソナタに、彼女が最も得意とするリスト作品から名曲が2曲、さらにチャイコフスキーとストラヴィンスキーの超絶技巧的作品が披露される。大胆で情熱的なブニアティシヴィリの音を堪能するに絶好のプログラムだ。本公演は、2017年名古屋で最も注目すべき公演の一つと言って間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(こちらも執筆させていただいた名古屋公演チラシ掲載 紹介文より)

 

 

 

 

**************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋公演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/11/5() 14:00 開演 ( 13:15 開場 )

 

 

 

 

会場:三井住友海上しらかわホール (愛知県)

 

 

 

 

公演などに関するお問い合わせ先: 東海テレビ放送:052-954-1107 (平日10:00〜18:00)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京公演

 

 

 

 

2017/11/6() 19:00 開演 ( 18:30 開場 )

 

 

 

 

会場:サントリーホール 大ホール (東京都)

 

 

 

 

公演などに関するお問い合わせ先: ミュージックプラント:03-3466-2258

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪公演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/11/12() 14:00 開演 ( 13:30 開場 )

 

 

 

 

会場:いずみホール (大阪府)

 

 

 

 

公演などに関するお問い合わせ先: リバティ・コンサーツ:06-7732-8771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌公演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/11/18() 14:00 開演 ( 13:30 開場

 

 

 

 

会場:札幌コンサートホールKitara 小ホール (北海道)

 

 

 

 

公演などに関するお問い合わせ先: Kitaraチケットセンター:011-520-1234

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上リサイタル公演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(また、ソロ・リサイタルの他、今回は新日フィル、広響との共演も予定されています。

 

 

 

 

残席僅かとなっている公演もありますが併せてご紹介します。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下はオーケストラとの協奏曲の公演予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

******************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京公演(協奏曲)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/11/10() 14:00 開演 ( 13:15 開場 )

 

 

 

 

2017/11/11(土) 14:00 開演 ( 13:15 開場 )

 

 

 

 

会場:すみだトリフォニーホール 大ホール (東京都)

[指揮]上岡敏之 [独奏・独唱]カティア・ブニアティシヴィリ()

公演などに関するお問い合わせ先: 新日本フィル・チケットボックス:03-5610-3815

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広島公演(協奏曲)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/11/14() 18:45 開演 ( 17:45 開場 )

 

 

 

 

会場:広島文化学園HBGホール (広島県)

 

 

 

 

第375回プレミアム定期演奏会

[指揮]ハンヌ・リントゥ [独奏・独唱]カティア・ブニアティシヴィリ()

公演などに関するお問い合わせ先: 広響事務局:082-532-3080

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪公演(協奏曲)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/11/15() 19:00 開演 ( 18:00 開場 )

 

 

 

 

会場:ザ・シンフォニーホール (大阪府)

 

 

 

 

第375回プレミアム定期演奏会 大阪公演

[指揮]ハンヌ・リントゥ [共演]カティア・ブニアティシヴィリ()

公演などに関するお問い合わせ先: ザ・シンフォニー チケットセンター:06-6453-2333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017年6月17日(土)、6月18日 ダン・タイ・ソン ピアノ・リサイタル

プログラムを執筆させていただきました2つの公演のご案内です。

 

今回は曲目解説に加え、

ダン・タイ・ソン氏からお伺いした作品についてのお話しを交えた、

コラム「公演に寄せて」も併せて執筆させていただきました。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

浦安音楽ホール オープニングシリーズ
 

ダン・タイ・ソン (ピアノ)


ピアノの詩人によるショパン、リスト、シューベルト

 

 

日時:2017年6月17日(土)14:30開場/15:00開演

 

場所:浦安音楽ホール コンサートホール

〒279-0012 千葉県浦安市入船一丁目6番1号

 

曲目:シューベルト:4つの即興曲 D899
   ショパン:スケルツォ第3番 他

 

http://www.urayasu-concerthall.jp/ev_calendar/?mc_id=8257

 

*こちらの公演は完売しております。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

しらかわホール プレミアタイム2017

 

ダン・タイ・ソン ピアノ・リサイタル


〜世界のヴィルトゥオーゾ・シリーズvol.6〜

 

 

日時:2017年6月18日(日) 13:15開場/14:00開演

 

会場:f_logo

   〒460-0008 名古屋市中区栄2-9-15

 

曲目:シューベルト:4つの即興曲 D899
ショパン:スケルツォ第3番 他

 

http://www.shirakawa-hall.com/support/%E3%81%97%E3%82%89%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A02017-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%BD/

 

チケット:一般発売中

     しらかわホールチケットセンター:取扱いあり

 

お問合せ:東海テレビチケットセンター TEL: 052-951-9104(平日10:00-18:00)

http://tokai-tv.com/events/sp2017/

 

 


2017年7月 9日(日) オペラ講座『ミカド』(初級編・全2回) 第1回 西洋音楽の中のジャポニスム〜コミック・オペラ『ミカド』とその周辺

2017年8月に、びわ湖ホールと新国立劇場で開催されるコミック・オペラ《ミカド》の公演に先立ち、

作品について解説する講座の第1回を担当させていただきます。

 

皆様ぜひご参加ください。

 

第1回:西洋音楽の中のジャポニスム〜コミック・オペラ『ミカド』とその周辺

講師:中村ゆかり(音楽評論家)

 

※第2回:外国人の見た日本人の思う日本〜どっちが本当の姿か?(7月17日(月・祝))はこちら

 

 

■びわ湖ホール オペラへの招待 サリヴァン作曲 コミック・オペラ 『ミカド』

8月5日(土)詳細はこちら

8月6日(日)詳細はこちら

■新国立劇場 地域招聘オペラ公演 サリヴァン作曲『ミカド』

8月26日(土)詳細はこちら

8月27日(日)詳細はこちら

公演名 オペラ講座『ミカド』(初級編・全2回) 第1回 西洋音楽の中のジャポニスム〜コミック・オペラ『ミカド』とその周辺
開催日 2017年7月 9日(日)
時間 14:30開講
会場 びわ湖ホール リハーサル室
料金(税込) 全2回通し券:2000円
1回券:1500円(当日券のみ)
発売日 友の会: 2017年3月 9日(木)10:00〜(ネット・チケットおよび電話受付のみ)
一 般: 2017年3月11日(土)10:00〜
お問い合わせ びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136(10:00〜19:00/火曜日休館、休日の場合は翌日)
注意事項
  • 6歳未満のお子さまはご入場いただけません。
  • お申し込みいただいたチケットのキャンセル・変更はできません。
  • チケットのお申し込み後、ご案内の期限内に所定の手続きをされなかった場合には、チケットの販売・引き渡しをお断りいたします。
  • 友の会優先販売期間中の窓口販売はありません。
※やむを得ない事情により、内容等が変更になる場合がございます。
※1回券(1,500円)は残席がある場合に限り、当日のみ販売いたします。事前のご予約は承れませんので、ご了承ください。

インターネットでお申し込み

ユーザー登録がお済みの方はチケット購入画面へ

ユーザー登録がまだの方はユーザー登録へ

ネットチケットでの発売期間

  • 現金・クレジットカード決済/窓口引取 →公演3日前まで
  • コンビニ決済/コンビニ引取 →公演3日前まで
  • クレジットカード決済/郵送 →公演9日前まで
  • 郵便振替/郵送 → 公演18日前まで

お電話でお申し込み

びわ湖ホールチケットセンター077-523-7136

受付時間10:00〜19:00

  • 毎週火曜日休館(休日の場合は翌日)
  • 電話での発売期間:公演当日まで(公演により異なります。)

窓口でお申し込み

びわ湖ホールチケットセンター窓口〒520-0806 滋賀県大津市打出浜15-1

受付時間10:00〜19:00

  • 毎週火曜日休館(休日の場合は翌日)
  • 窓口での発売期間:公演当日まで(公演により異なります。)

 

会場やお問合せ等、詳細は以下のリンク(びわ湖ホール様HP内)をご参照ください。

https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2017/02/22/21-9.html


第21回なごやウィメンズ・クラシック開催のご案内

【第21回 なごやウィメンズ・クラシック】開催のご案内です(^^♪

なごやウィメンズ・クラシック2017の幕開けとなる第21回は、
春に相応しいフルートと美しきソプラノ二重唱による2つのステージをお楽しみいただきます^ ^

第1ステージの出演者は、
明和高校の二年生、今名古屋で最も注目される若きフルーティストの齋藤華香さんを御迎えします♪

齋藤さんは、全日本学生音楽コンクール中学校の部、および高校生の部で1位。昨年には仙台フルートコンクールでも1位、先月行われた日本ジュニア管打楽器コンクールでも見事1位に輝く等、国内主要コンクールの華々しい受賞歴を誇る優れた若きフルーティストです。

今回は、親しみあるフルート作品にヴィルトゥオジテ溢れる作品を加えた聴きごたえ充分のプログラムを演奏されます。

共演は、同じく明和高校二年生のピアニスト、山田ありあさん。彼女も学生音コン中学校の部名古屋大会で1位に輝くピアニストです。

第2ステージは、愛知県立芸大出身の若手実力派ソプラノ二名をお迎えします。
ソプラノの奥村育子さんは、もうウィメンズにはお馴染みとなりました。
彼女も、全日本学生音楽コンクールはじめ、国内主要コンクールでの輝かしい入賞歴を誇るソプラノです。
もうお一人のソプラノ今尾奈々さんは、ウィメンズ初登場。ご出身の岐阜地域をはじめ、東海地方を中心に華々しい活躍をしていらっしゃいます。
お二人は、今年2月に名古屋初演され大成功を収めたオペレッタで、ダブルキャストでの主役を務めていた事でも記憶にあたらしい方がいらっしゃるでしょう。

プログラムは、オペレッタの名曲に春の歌を織り交ぜた、この季節にぴったりの作品が選ばれています。

ピアニストは、同じく愛知県立芸大出身の舘美里さん。コンクール受賞歴も多く、ソロ、室内楽の分野で活躍をされています。

ウィメンズ2017幕開けとなる春の夜。
オアシス21で花開く音楽をぜひお楽しみいただきたいと思います。
皆様、ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。

出演者プロフィールとともに、プログラム詳細は追って投稿させていただきます。

==========================
【開催概要】
日時:2017年4月19日(水)18時スタート (鑑賞無料)
開催場所:オアシス21銀河の広場

【出演者(50 音順/数字は出演ステージ)】
今尾 奈々 (Nana Imao)(いまおなな/ソプラノ?)
奥村 育子 (Ikuko Okumura)(おくむらいくこ/ソプラノ?)
齋藤 華香 (齋藤華香)(さいとうかこ/フルート?)
舘 美里 (Misato Tachi)(たち みさと/ピアノ?)
山田 ありあ(やまだありあ/ピアノ?)

お問い合わせ先:052-962-1011(オアシス21管理事務所)

主催: オアシス21
協力: 愛知県芸術劇場( 愛知県文化振興事業団)
プロデュース: 中村 ゆかり (Yukari Nakamura)

なごやウィメンズ・クラシック2017

4月19日より

【なごやウィメンズ・クラシック2017】

がスタートします。

今年度は下記の日程でコンサートを開催いたします^ ^

いずれも鑑賞無料。
この地方にゆかりある実力派女性演奏家が出演します。

皆様のご来場をお待ちしております。

◎第21回: 4月19日(水)18時スタート
◎第22回: 5月17日(水)18時スタート
◎第23回: 6月21日(水)18時スタート
◎第24回: 7月19日(水)18時スタート
◎第25回: 10月18日(水)時間未定

各回の詳細は別途投稿いたします♪

主催: オアシス21(栄公園振興株式会社)
協力: 愛知県芸術劇場(愛知県文化振興事業団)
企画運営: 中村ゆかり

| 1/19PAGES | >>

Yukari Nakamura 中村ゆかり official website

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第9回 なごやウィメンズ・クラシック〜ピアニスト伊藤温子さん&田中百合子さん
    吉田沙緒里 (08/18)
  • ♫「Assembridge NAGOYA 2016」プレイベント開催のお知らせ♫
    中村ゆかり (05/13)
  • ♫「Assembridge NAGOYA 2016」プレイベント開催のお知らせ♫
    カッチャン (03/20)
  • NHKナゴヤ ニューイヤーコンサート2015
    佐藤尚子 (02/05)
  • 2013年1月27日(日)愛知県美術館クリムト展コンサート
    中村ゆかり (01/29)
  • 2013年1月27日(日)愛知県美術館クリムト展コンサート
    matsu-hyou (01/28)
  • 2012年11月13日〜12月18日(応募締切9月26日) 世界に一歩踏み出そう 熱田生涯教育センター 市民講座のお知らせ 
    中村ゆかり (10/15)
  • 2012年11月13日〜12月18日(応募締切9月26日) 世界に一歩踏み出そう 熱田生涯教育センター 市民講座のお知らせ 
    Papa (09/27)
  • 2012年8月31日(金) モーツァルト入門 四日市中日文化センター 特別講座のお知らせ
    中村ゆかり (08/26)
  • 2012年8月31日(金) モーツァルト入門 四日市中日文化センター 特別講座のお知らせ
    Papa (08/26)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM